「京丹後のインバウンド対応、徒然なるままに・・・。」青春18きっぷ夏旅(その1)

◇福知山までがJR線なので青春18きっぷで行けますが、京丹後鉄道は、別料金です。
◇京丹後地方での観光事業のインバウンド対応について勝手な日帰り観察を開始。
◇宮津、天橋立、舞鶴、綾部の観光案内所を訪れ、それとなく探ってみました・・・。
◇何で京丹後かって???
◇インバウンドで溢れている京都市から、それ以外の地域への流れを作りたいからです。
◇「海の京都」作戦に便乗し、新しいビジネスチャンスが潜んでいると期待しているからです。

その①:地産地消の隠れた特産品は無いのか?
 ⇒ 農産物直売所に行くと、大阪のスーパー比較で、安くて美味しそうな地元の野菜・果物が結構ある。買ってリュックに入れて   帰ります。トマトなんか、とってもジューシー。キーワードは地域ブランディングの可能性かなっ?
その②:インバウンドの流れをつくる観光案内所での外国語対応
 ⇒ 仕組みとしては無く個人スキルに依存。これでは、インバウンド勧誘が出来ない。
その③:案内図等の外国語観光ガイド(英語、中国語、韓国語)の配布物
 ⇒ 場所によって対応のバラツキは大きいが、資料作りは役所の得意技???
その④:無料Wi-Fiの設置状況
 ⇒綾部市は、情報を集約して設置拠点のパンフレットを配布。
 ⇒天橋立は、駅の観光案内所の設置案内のみで、各店舗独自の設置の情報集約はない。
 ⇒これもインバウンド勧誘が出来ない要素のひとつだと思うのだが・・・。
その⑤:公共の交通機関活用(車社会依存ではインバウンドの流れはできない。)
 ⇒京丹後鉄道のみで、地域内でのバス便はあるが極めて不便。
 ⇒一番の問題は、バス便のネット情報提供が不備で、インバウンドには対応できない。
その⑥:インバウンドの現況
 ⇒観光案内所の人のヤマ勘で10~20%位?
 ⇒天橋立は、この目で確認。欧米系も見受けられますが、東南アジア系が多い気がする。
 ⇒舞鶴は通過地点として存在するが、観光拠点とはなっていないようである。
その⑦:余計な独り言
 ⇒これでは、インバウンド対応を図ろうとする意欲は感じられないけどなぁ~・・・。
 ⇒観光庁&京都府の「海の京都」構想って、何をしたいのか分からないなぁ~・・・。
 ≪高21回 兵藤幸治≫

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K39

Author:K39
愛知県立岡崎高校の関西地区同窓会です。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR